IRポリシー

株主優待

(1)基本方針

当社は、株主・投資家をはじめとするステークホルダーの皆様の理解と信頼を得るため、経営方針や財務状況等の企業情報を、公平性、正確性、適時性に配慮し積極的に開示いたします。

(2)情報開示基準

当社は、当社の定める情報開示規程に沿って情報開示を行います。また、情報開示規程に該当しない情報であっても、株主や投資家の皆様の投資判断に有益であると考えられる情報については、積極的に開示いたします。

(3)情報開示方法

当社は、公平性・迅速性に配慮し、上記情報開示基準に基づき、報道機関、当社ウェブサイトを積極的に活用し、情報開示を行います。また、その他の情報についてもニュースリリースの配信やその他ウェブサイトへの掲載等により公平かつ迅速に開示いたします。

(4)将来の見通しについて

当社は、一般的には業績予想の開示が投資家の投資判断にとって有用であることを充分認識していますが、当社グループの業績は、金融市場の動向に大きく影響される市況産業であるため、一想定に基づく業績の予想は、相場の状況次第で大きく乖離する可能性があり、業績予想を開示することが反って投資家の判断を誤らせるおそれがあります。そこで当社は、投資判断に資する情報として、月次情報の開示を従来以上に充実したものとすることで業績予想の開示に代えることにしています。

(5)沈黙期間

当社は、決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、決算日(四半期を含む)の翌日から決算発表日までを沈黙期間と定め、この期間中は原則として当該決算に関連する情報の開示、質問に対するコメントは差し控えます。

(6)情報開示の社内体制

当社は、情報開示規程に則り、情報開示のための社内体制の整備を行います。当社は、ステークホルダーの皆様との信頼関係を構築することが、経営の最重点事項の一つと位置づけ、分かりやすい情報開示を行ってまいります。